2010年06月03日

注射・検査・保険

ピクチャ 4.png

6月ですね。

今日はやっと動物病院へ行って来ました。


前回前足のびっこの時はくうがずっとお世話になっている病院が休診日で

近所の評判がいい病院へ行きました。

そして今回もそちらの病院へ行って狂犬病の注射を打って来ました。

地元で注射すると手続きがラク♪



今日わかったのが、前の左足は先天的に関節がおかしいようだということ。

今は痛くもないけれど、足が真横へ普通なら痛がる角度まで動きました。

右足はそんな角度まで動きません。

9才になってそんなことに気付くとは・・



いつもの病院の先生も以前爪切りの時に爪が反対方向に削れているから

これはいい傾向じゃないって言っていました。

やっぱりおかしかったんですね。。




そしてフィラリアの検査とお薬。

その時に採血した血液を検査してもらいました。

結果異常なし。


動物保険加入の診断書も書いてもらいました。

前にアニコムに加入していたけれど、破綻してしまって以来

保険には入ってませんでしたが、

こないだ他にもいろんな安い保険があることを知り資料を取り寄せていました。

8才までに加入していれば、診断書は不要なところが多く

9才のくうはすでに加入できない保険もあり、

加入できるところはすべて診断書が必要でした。

入ろうと思った保険は新規加入は満10才までだったので、

今入っておかないと後で入れなくなってしまうところでした。

申込書を発送してひと安心です。





今日は注射を打ったから、お散歩は控えめ。

車の乗り降りのスロープにもだいぶ慣れたし、

狂犬病、フィラリア、保険申込みが無事済んでほっとした1日でした。


病院で暴れるんじゃないかとヒヤヒヤするから、

まだ慣れない病院だし、ほんとにほっとするんです。

ほっ






【くう病院へ行くの最新記事】
ニックネーム さりー at 22:49| Comment(2) | くう病院へ行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだったんですか。。。
年齢とともに、筋力や関節の開き方が変わってきて、歩き方も変わりますものね。
ウチもだんだん足裏のパッドの減り方、角度が変化していったのを思い出します。
くうちゃん、若い頃はあまり感じなかった関節の痛みが、
今は顕著に出てきたのかもしれませんね。
毎日見てても気づかないことってたくさんありますね。
私も気づかないことがいっぱい。。。

保険、加入されたんですね。
私もひめの病気が発覚してから、いろいろ調べたのですが(遅いですね 汗)
ひめはほとんど入れなくて失敗したな〜って。
保険つかわなくて済むのがいいけど、くうちゃん、手続き完了してよかったですね!

Posted by ポンママ♪ at 2010年06月09日 16:30
ポンママ♪さんコメントありがとうございます四葉

今朝もびっこになってしまい、ドキッとしましたが、どうやら右足のパットの痛みの様でした。
あちこち痛いところが出てきてしまって、全体的に免疫力が年とともに落ちて来ているせいですかね・・
人間と同じですねあせあせ(飛び散る汗)

保険はまだ審査中なんです。
先天性の疾患は保険が効かないんですよね〜ふらふら
くうは微妙ですけど、事故などに備えて一番安いのに入っておこうかな〜って感じです。
備えがあればべつに入らなくていいんですけどね〜有料顔(汗)
Posted by さりー at 2010年06月09日 22:48